緑山MTBセッティング考察 スプナショ編



どーなん、だろ?







DぐりのSさんとお話してたんですが、


ステム → 極短


コレは1月の時にボクも感じていたんですが、

短ければその分、バイクの芯を押せる! 気がします。

要はプッシュですね、なんかグイっと入ります。


ま、芯って言ってもヘッドチューブなわけですが、ボクの頭のなかだと、


ヘッドチューブに

近い → よりダイレクトにバイクに伝わる

遠い → 離れた分だけ伝達力が拡散する


気がします。


てこの原理で言えば、遠い方がその分有利のはずですが、

プッシュの方向性から言うと、前方まっすぐかやや下だと思うので

原理が働かない(弱い)と思います。

また、長いステムをつけて斜め下方向にプッシュを入れた場合、

仮想支点がフロントタイヤになると思うので、リアが浮いてよろしくない・・・と思います。

また、ステムの分、重心が前方にいくので、リアの加重配分が足らなくなるのでは?



要は、てこの原理はいらね、と。

ただし、あくまでプッシュ主体の話なんでロールとかは考えない方向で。

自分ができないんで検証できんのですわぁ。


おそらく、最近の(ストリート・4X)バイクの特徴として


トップチューブ → 長い

リアセンター → 結構短い

BBハイト → 低め


なんだと思います。


思うに、リアセンターをつめてフロントを上げ易くしつつ、BBハイトを落とすことでピーキーさを軽減、プラス安定感向上、ハンドリングのダイレクト感をあげる為に短いステムを装着を基本とし、トップチューブを長くすることでバイクに加重を与える。

といったところだとアタシは認識しています。



まあ、そろそろ皆さん緑山バイクのセッティングは煮詰まってきたでしょうから、セッティングが似てくるバイクが増えるんでないかなー。


そういうアタシも、


やっぱレースはアルミフレームだな(涙)



正直なところ、フツーに乗るならクロモリなんですが、

レースだと流石に重量差がねー。

前まで使っていたコメンサルのヤツ、

アルミフレームに変えただけで


1キログラム


は軽くなりますよ。


1000グラムですよー、そりゃ特性は変わるだろうけど、単純に1キロ軽くなるならなー。


という事で、次回からはアルミフレーム(予定)で!!



なんだろー、今回勝ったことで周囲の皆さんの視線が痛い・・・。
[PR]

by 55-fuma | 2010-05-17 22:46 | バイク