バニーホップ基礎講座(超初歩編)



なんか連載モノっぽい予感・・・。




まず、基礎中の基礎。


スタンディング



ちょっと拍子抜けしそうな感じでしょ?


目的としては、バランス感覚の育成。


バニーホップだけではないんですが、マニュアルとかウイリーとか、難易度があがれば上がるほどバランスを要求されるのでその為の重心の位置とかを身に着けるという意味もあります。



本当に苦手な人はまず前輪を壁に押し付けて前後のブレーキを使いつつバランスをとりましょう。

おそらく身体の位置を前気味(ハンドルにのせるような)すると安定すると思います。

その際、ハンドルは切ってもらってかまいません。

また、ペダル位置は地面と水平にしてください(おそらく利き足の反対側が前に出ると思います)。


(※人によって色々な説がありますが、ペダルに対する足の位置は、指の付け根のちょっと前、簡単に説明すると猫足でたったときと同じポジションです)


ここで要求されるのは色々な姿勢でもスタンディングが継続できることです。


慣れてきたら、平地でやってみましょう。


平地でもできるようになったら身体の芯を前後左右にずらしてみましょう。


実際には、前後(フロントヘビー、リアヘビー)の軸を使ってアクションを起こす場合がほとんどです。

※やる際はオーバーリアクションを心がけてください。

というのも人間、頭のなかと身体の動きでは誤差があるので・・・。


そこまでできるようになったら今度はノーブレーキでも試してみてください。


ここまでできるようになったら次のステップに移ります、ちぇりお☆



◎追記◎

ボクとしたことが非常に大事なことを説明するのをわすれていましたよ・・・、


できるようになればいいな~☆

ではなく

絶対にできるようになる!


という気持ちが大事です。


何事も成し遂げる意志が大事です。

中途半端な気持ち(覚悟)では上達しません。

なので、本当にバニーホップをできるようになりたい! いや、なる! という人でないと

僕の説明は役に立ちません。

精神論で片付くほど、単純ではないのですが、これなくしてなしえないことも頭の片隅においてください。

では、あなたがはやく上達するように、これから頑張りましょう!
[PR]

by 55-fuma | 2010-05-24 01:26 | テクニック