バニホ考察 ~なにができないのか?~



今回はバニーホップにておそらく躓いているであろう部分の考察・・・。



たぶん・・・。


●フロントアップで高く前輪を上げれない


●フロントアップ後のマニュアル状態の姿勢で踏ん張れない


ではないでしょうか?


前者のフロントアップの件では、考えられるのはいくつかあり、

①根本的にフロントアップのやり方を間違えている

②ビビッている


①に対して、まず肝心なのは重心が後ろにいっていればおのずと前輪は浮いてくるということです。

当然のことながら前加重(ハンドル側に重心がある状態)では前輪は浮いてきません。

ソコのところを勘違いして腕の屈伸で持ち上げようとしても、腕のストローク分しか浮きません。


で。

そこを理解したうえでできない人は②の要因が強いと思います。


人間誰しも急に後ろに倒れこんだら怖いモノ。

まして、立っているのは自分の足ではなく自転車の後輪のみ。

そりゃー、ビビるはずだー(笑)。


と、いったところでできないことのいい訳にはなりませんのであしからず。


では何故怖いのか? は置いておいて・・・。

この恐怖心をなくす(和らげる)には、いくつか方法があります。


●エスケープを覚える

●プロテクターを身に着ける

など。


エスケープとは?

とりあえず下の動画を参照のこと。




ちょっと暗くて解りづらいでしょうが、上り坂に進入し、リアブレーキ。(※平地でも可)

腕は伸ばした状態で身体の軸(重心)を後にずらしていくと、フロントアップと同じ状態になります。

そのまま、後ろに倒れこんでいき、「やばい」と思った時点でペダルから後ろに跳び降りてください。

理想は両足着地。(※両足で着地できるということはペダルのうえで跳べたということです)

この動作がエスケープになります。

このエスケープ、マニュアルやジャンプトレイルで「やべ?!」と思ったときにも使いますのでぜひ覚えておいてください。


それでも怖い人は、プロテクター。

といってもヘルメットぐらいでは恐怖心は変わらないでしょうからもっとオーバーに身を守りましょう。

というのも、

大き目のリュックにクッションになりそうなものを詰め込んで背負い、転んでみる。

リュックもできれば登山用の40リッター以上がでかくて安心。

もうパンパンにクッションになりそうなものを詰め込んでください。

そして大事な点。


人目のつかないところでやりましょう!



流石に恥ずかしいでしょうし、情報に飢えた奥様方の格好の餌食になってしまうので注意!


こんなカンジで恐怖心を克服してください。




もう一項目の方は、また後日。ちぇりお☆
[PR]

by 55-fuma | 2010-05-24 23:52 | テクニック